So-net無料ブログ作成

火ノ丸相撲 ネタバレ 第2話 [ネタバレ]

火ノ丸相撲 ネタバレ 第2話

今回は第2話!!


週間少年ジャンプNo26から

新連載となりました

『火ノ丸相撲』のネタバレ記事を

書いて行きます!!




スポンサーリンク




火ノ丸相撲 ネタバレ 第2話


校内でザワザワ


廊下にいる生徒達

「あの学ラン間違いねえ!!

ダチ高最強の五條佑真さんを

倒した新入生

相撲部の潮 火ノ丸・・・!!」



困惑する火ノ丸と小関部長


放課後は近くの高校に

出稽古に行く約束をする

火ノ丸と小関部長



部長は委員会で遅れるということで

先に出稽古に行こうとする途中に

佑真に出会う



火ノ丸

「ようユーマ

またケンカかあ?

お前も好きじゃのぉ」




佑真

「気安く話しかけてんじゃねえよ

確かにあの勝負はお前の勝ちだがな・・・

てめえが俺より上とは認めたわけじゃ

ねえんだよ・・・!!

何なら今からでも決着を

つけようぜ・・・」



要するに暇だということで

火ノ丸に連れられ佑真も

出稽古にいくことになる。



向かった先はなんと

本来行くべきところの

「西上(ニシガミ)高校」

ではなく、相撲部の名門の

「石神(イシガミ)高校」



道場に到着した

火ノ丸達の前に

イカツくてでかい

石神高校の主将が現れる



石神高校主将

「出稽古ぉ?

そんな話聞いてねぇよ!

帰れ帰れ!」




火ノ丸

「うへへ・・・

まあそう言うなよ

邪魔にならねえよう隅で

やるからよ・・・


日本一を目指しとるのは

ワシらも同じ

勉強させてくれや」




なとか練習に参加させて

もらえる事となった

火ノ丸達



四股300回が始まる



中学で慣らした相撲部員ですら

付いていけない中、

火ノ丸が石神相撲部員を黙らせる

四股を見せる



相撲部員

「何者なんだあのチビ・・・」


「なあ君 名前は??」




火ノ丸

「潮 火ノ丸」




相撲部員

「おいおいマジかよ・・

火ノ丸ってまさか

その強さ”鬼の如し”で

恐れられた”鬼丸”の

潮 火ノ丸か・・・??」




石神高校主将

「フン、何を騒いでいやがる

中学では名前を聞かねえってことは

中学で通用しなかったんだろ?

鬼丸だかなんだか知らねえが

高校相撲じゃただのチビだ」




火ノ丸

「また身長の話かい

そこまで言うなら試してみるかい?

ワシが本当に高校相撲で

通用しねえかどうか


もしアンタに負けるようなら

そん時はお望みどおり

ワシは相撲をやめる」




第3話へつづく・・・





スポンサーリンク











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。