So-net無料ブログ作成
検索選択

火ノ丸相撲 ネタバレ 12話 と私の感想 [ネタバレ]

火ノ丸相撲 ネタバレ 12話

前回は火ノ丸が医務室を出て、

皆で学校に帰ろうとしたところ、

栄華大付属高校の部員とぶつかり

吹っ飛ばされたところで終了しました。

この人物の正体はいかに!?


それでは12話のネタバレについて書いていきます!!




スポンサーリンク




【ネタバレ】第12番 正統後継者


ぶつかった栄華大付属高校の

部員の名前は「久世草介」


と、後からきたチビの部員「狩谷俊」が紹介します。




久世草介は火ノ丸も強さを感じ取るほど、

かなり強そうな模様。



しかしとてつもない実力がりそうにも関らず、

この草介はなぜか公式戦には出れない理由があるという。



この久世草介の正体はなんと・・・



外国人力士を相手に唯一互角以上に渡り合えた

最後の日本人横綱「大和国」の息子であった。




草介は父親の大和国の意向で

小・中・高の学生相撲の表舞台に立つ事を

許されていなかったのです。





しかし、草介は

沙田、火ノ丸の2人の国宝同士の試合を

みて血が騒ぎ始めます。



久世草介も国宝、

眠れる国宝「草薙剣~くさなぎのつるぎ~」でした。






火ノ丸達は久世草介に別れを告げ、

帰宅をします。




帰り道に夏のインターハイまでに

5人集めなきゃと3人で奮起し、

全国で名を轟かせるのは我ら大太刀高校だと

決意します。




ここで12話が終了です。




火ノ丸相撲 12話の感想


ついに正体が分かりましたね!!

まさかの横綱の息子・・・



これは沙田でさえも敵わないんじゃないかというくらいの

強さを秘めているようでしたね~



にしても、けっこうな序盤で

こんな強キャラをどんどん出してしまっていいのでしょうか?笑



沙田は中学相撲で全国一位、

久世草介は最後の日本人横綱の息子・・・



その次に出てくるのは、

いよいよ外国人とかでしょうか??



次回からは新しい部員が増えたりするのかと思います。


そろそろヒロイン的なマネージャーが

出てきてもいいんじゃないでしょうか!?



次回の話に期待しましょう!!(^^)



スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。